もつ焼・焼鳥・串焼 むらばやし
二代目・村林潤一とスタッフ
私自身の話をします 「むらばやし」のスタッフ
1 2 3

お客様にはあまり関係のない内容ですが、自戒の意味も込めてこのページを公開しました。私という人間の形成に大きく影響した若い頃を簡単にまとめています。店主のことをより知ったうえで行ってみようとか、とくに「むらばやし」で働いてみたいと思われる方は、苦労を共にする大事なスタッフですから、ぜひ〈「むらばやし」について〉と合わせて、このページをご一読ください。


中学時代から野球で将来を期待され、甲子園の常連校に野球をするためだけに進学しました。言ってみれば「野球バカ」です。順風満帆に思えた高校2年の夏予選のあとの練習中に、ちょっとした不注意で怪我をしました。「いままでのように野球を続けるのは無理」との診断結果。2カ月安静が続き、グランドに顔をだすと、たった2カ月でも、他の選手との差は歴然です。野球推薦で入ったのに野球ができない。「お前の身体はお前の身体でもあるけど、野球部の身体でもある」と父にも言われたことがあります。翌日、退学届を持って高校に行きました。

いろいろあって退学届は受理されませんでした。大学の体育学科に進んでマネージャーを目指すというアドバイスや推薦の話もありましたが、補欠でもいいから、仲間とともにグランドに立ちたかった。こうしたいと決めたら突き進む性格です。東京六大学に受験で進んで野球部に入ることを目指しました。そのころ、父の体調が悪くなりはじめます。

父の体調はよくならず、どうしても働かないといけない状況のなか、アルバイト情報誌で、たまたま見つけて応募したのが、大手情報出版会社。野球しかできない、ほかのことを何も知らない高卒を「おもしろそうだからやらせてみよう」という理由で採用してくれました。このきっかけが私を大きくかえます。


アルバイトSTAFF募集中!
むらばやしを支えてくださる応援団
アサヒビール
牛嶋木遣会
広がれ!!球友の輪 昭和40年会 野球大会
RANS INTERNATIONAL CONSULTING
東京都議会議員 桜井ひろゆき
株式会社 ヤナカ
ホットペッパー
バー d collection